小田原市立病院では、助産師、看護師(正規職員)を募集します。
採用試験の合格者は採用候補者名簿に登載され、原則として平成30年4月1日以降に採用されます。

1 採用試験

(1)採用予定人数

看護師、助産師 30名程度

(2)受験資格

次の要件を満たす人

  1. 既に助産師又は看護師の免許を有する人または、平成29年3月に当該免許を取得見込みの人(※受験資格には年齢制限はありませんが、定年(60歳)制度があります。)
  2. 次の事項(地方公務員法第16条の規定に該当する人)のいずれにも該当しない人成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む。)
  • 禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまで又はその執行を受けることがなくなるまでの人
  • 小田原市職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
  • 日本国憲法施行の日以後において、日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した人

(3)試験の方法

  1. 小論文試験
  2. 面接
  3. 成績証明書による書類審査

(4)試験日程等

試験日程 試験日 応募締め切り日
第5回 平成29年10月14日(土) 平成29年10月4日(水)
第6回 平成29年11月11日(土) 平成29年11月1日(水)
第7回 平成29年12月16日(土) 平成29年12月6日(水)
第8回 平成30年 1月20日(土) 平成30年1月10日(水)
  • 試験会場はすべての日程共通で、小田原市立病院会議室(本館2階)で行います。
  • 採用予定人数に満たない場合には、追加で試験を実施することがあります。

(5)提出書類

  1. 平成29年度小田原市立病院職員採用試験申込書(本人自筆、署名、写真貼付)
  2. 助産師、看護師免許証の写し(既に資格を有する人のみ)

2 合格者の決定及び通知

各試験の結果については、合否に関係なく試験日から概ね3週間位で文書で通知します。
なお、電話による問い合せにはお答えしません。

3 合格から採用まで

  1. 最終合格者は、採用候補者名簿に登載されます。
  2. 採用は、原則として平成29年4月1日以降になります。
  3. 平成30年4月1日現在において、助産師、看護師いずれの免許も取得できないこととなった人は採用されません。
  4. 採用候補者名簿の有効期間は、原則として1年間です。

4 給与・福利厚生等

(1)給与(平成29年度見込み)

職種 助産師・看護師(4大卒) 看護師(3卒)
基本給 251,985円 244,816円
主要手当 43,393円 43,078円
合計 295,378円 287,894円
  • 基本給:本給、地域手当
  • 主要手当:医療技術手当、夜間看護手当(夜勤4回)、夜間勤務手当
  • 主要手当以外の手当:通勤手当、住居手当、時間外勤務手当

(2)休暇

有給休暇20日(採用1年目は15日)、夏季休暇5日、結婚、忌引休暇等

(3)看護師宿舎

  • 病院に隣接して、鉄筋コンクリート造6階建ての看護師宿舎が2棟あります。
  • 1DKのマンション形式(バス・トイレ・ダイニングキッチン・クローゼット)全100室
  • 冷暖房完備、談話室、仮眠室(バス付)、コインランドリー(乾燥機付)
  • 共益費 月額6,000円のみ

(4)院内保育所

有資格の保育士を配置した院内保育所があります。週2回の夜間保育と土・日曜保育も実施しています。

5 病院見学会

随時実施しておりますので、参加ご希望の方は、電話にて経営管理課総務係へお申し込みください。

6 申込方法等

(1)各試験ともに所定の提出書類を、応募締切日までに経営管理課総務係(本館2階)に持参又は郵送してください。

応募受付後、各試験の1週間程度前に受験票を送付します。

  • 郵送の場合は、各試験応募締切日必着とします。
  • 持参の場合、土・日曜日、祝日は受け付けません。
  • この試験において提出された書類は、一切返却しません。

(2)実施要領及び申込書配布場所

小田原市立病院本館2階 経営管理課 総務係(※ホームページからもダウンロードできます。)
また、郵送も可能ですので、経営管理課総務係までお問い合わせください。

(3)申込書提出及び問合せ先

小田原市立病院 経営管理課 総務係
〒250-8558 神奈川県小田原市久野46
電話 0465‐34‐3175(内線3602)

(4)関連ファイルのダウンロード

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。