看護部長メッセージ

  • HOME »
  • 看護部長メッセージ
director_big_md
director_mini_md

 小田原市立病院は、がん診療拠点病院・災害拠点病院としての機能を持ち、救命救急センターを有する神奈川県西湘地域の基幹病院です。
 医療は2025年に向け、従来行われてきた病院完結型から、地域の施設と役割を連携し診療を進める地域完結型に変化していきます。医療は転換期を迎えていますが、私達看護師は、どのように時代が変わっても患者さんの最も身近な存在として患者中心の医療を展開する役割があります。
 小田原市立病院看護部では「心を大切にし、確実で丁寧な看護を実践します」という理念を掲げています。いつの時代も、患者さん、ご家族が医療に求めることは「安全性」「確実さ」「丁寧さ」そして「優しさ・癒し」ではないでしょうか。これは不変的な医療者の使命だと考えます。患者さん一人ひとりの人生に寄り添う気持ちを忘れずに、確実で丁寧な看護を、心を込めて実践する看護師を育てて行きたいと考えています。
 教育面では、クリニカルラダーと目標管理を連動させ、新人看護師が自立し自律できるようきめ細かい支援体制を構築しています。また、専門看護師・認定看護師による教育プログラムも充実しており、キャリアアップへの道につながると考えています。
 新人看護師のみなさんが、看護の楽しさ、やりがいを実感し、笑顔で成長していけることを期待しています。

 

認定看護管理者 看護部長 加藤 節子

 

看護理念

心を大切にし、確実で丁寧な看護を実践します。

看護方針

  1. 私達は、心を大切にした患者中心の看護を実践します。
  2. 私達は、根拠に基づいた確かで安全な看護を実践します。
  3. 私達は、行った看護に責任を持ちます。
  4. 私達は、同僚や他職種職員を尊重し、対等に話し合いのできる明るい職場を築きます。
  5. 私達は、専門職業人として誇りをもち、常に自己研鑽に努めます。

看護体制・看護方式

看護単位 12単位+4室
一般病棟入院基本料 7対1看護
看護補助体制加算 25対1
看護体制 2交代及び3交代
看護方式 チームナーシング継続受持ち制
看護記録 問題志向型PONR方式
PAGETOP

© Odawara Municipal Hospital Nursing Department