キャリア 古川

story_furukawa_big

 

「学べる環境」

今までリスクがある分娩は行われない病院で働いていました。周産期救急を行っている病院で働くことでハイリスクな分娩や妊娠の病態、管理の方法、使用している薬などについて新たに学び、無知であった自分を知ることが出来ました。
小田原市立病院はNICUもあり、分娩で赤ちゃんの苦しいサインが出ると小児科医が立ち会ってくれるところや、夜勤では必ず常勤医師が2名おり報告が出来る事などは恵まれていると感じています。また、ベテラン助産師も沢山おり、今まで行ったことのない処置は丁寧に指導して下さり、出来ていなかったことは、一緒に振り返り、次に繋げられるようにフォローしてくれるので、忙しい業務の中でも苦しくなく患者さんと関わることが出来ています。

「仲間の支え」

初めての転職で緊張していましたが、ほかの新人看護師達と共に楽しく新人研修をさせていただきました。新人研修の他にも様々な研修が毎月あり勉強になります。右も左もわからず緊張していた私でしたが、研修で出会った仲間と今でも連絡を取り合い食事に行き、相談などをしています。今では何でも話せるかけがえのない仲間であると思っています。
自分にもプリセプターが付いてくださり、頼り甲斐があり、些細な質問にも自分の能力を認めたうえで指導して下さいます。なので、色々と落ち込むこともありましたが、今では出来る範囲も広がり、気持ちにも少しずつ余裕が出て、私らしさも少し出せてきたかなと思っています。

「助産師としてのやりがいと成長」

経膣分娩でも帝王切開でもお産が終わった後に、お礼の言葉や、赤ちゃんに対する愛情たっぷりの声かけを耳にした時「あ、やっぱり(この仕事が)好きだな」と感じています。お母さんやお父さんが一生懸命頑張っていて、それを側でお手伝いさせて頂き少しでも力にまれたんだと感じた時は嬉しくなります。
また、いずれ自分が子どもを産む時、こんなお産や声かけをしてあげたいなと参考にさせていただいています(笑)
今は保健指導も担当させて頂いており、さらに色々な視点から患者さんを見る事が出来るようになってきました。これからも思いやりと感謝の気持ちを忘れずに日々の勉強、業務に励んでいきたいと思っています。

 

story_furukawa_700_450
PAGETOP

© Odawara Municipal Hospital Nursing Department