認定看護師 鈴木

story_suzuki_big

キッカケは急性重症患者専門看護師からの声掛け

私が救急看護認定看護師を目指したきっかけは、急性重症患者看護専門看護師から「三次救急を担う病院として救急看護認定看護師の存在が必要だから考えてほしい」という声掛けがあったからです。最初は、私が認定看護師になれるのだろうかという不安もありましたが、この病院に入院された患者さんが良くなるために、救命救急センターのスタッフとともに成長したいという思いもあり学校を受験することにしました。
救急看護は、生命の危機的状況におかれている患者さんを対象とし、緊急度の高い患者さんも含まれます。そのため確定診断に至る前のアセスメントも求められることが多く、救急認定看護師になった今でも日々勉強をしなくてはならないと感じています。

キャリアアップに協力的な環境

私が認定の学校に通っている間、スタッフひとりがいない分、病棟スタッフの負担は大きかったと思います。しかし、病棟スタッフのみんなが気持ち良く学校に送り出してくれたことや、励ましの言葉をくれたことで乗り越えることが出来ました。また、認定の学校を卒業してから認定審査までは働きながら勉強をしなくてはならない状況でした。その期間、仕事と勉強の両立はとても大変だったのですが病棟師長が勤務を調整し配慮してくれたことや、試験勉強のわからない問題を一緒に考え、教えてくれた医師の協力もあり無事認定審査に合格することができました。そういう意味でも当院は、キャリアアップするには本当に協力的な環境であったと思います。

患者さんと向き合っていく看護

三次救急医療を担っている病院として患者さんが安心して医療の提供を受けられるよう、私たち看護師は患者さんの身体に起きている病態を理解し、必要な治療を予測して迅速な処置へつなげられるようにしていく必要があります。そして何よりも大切なことは行為の主体が患者さんであり、患者さんと向き合っていくことだと思っています。私は、救急看護認定看護師として知識や技術だけでなく多角的な物の見方、柔軟な思考と応用力を持ち、患者さんと向き合っていきたいと考えています。そして実践モデルとして看護スタッフの意識を高めていけるような働きかけが出来るようにしたいと考えています。

 

story_suzuki_700_450_01
story_suzuki_700_450_02
PAGETOP

© Odawara Municipal Hospital Nursing Department