キャリアアップ

キャリアアップ

 

小田原市立病院には、みなさんのキャリアアップを応援する環境があります。当病院で活躍している専門・認定看護師を紹介します。

 

careerup_tada

多田 昌代

急性・重症患者看護専門看護師

「急性・重症患者看護」という専門領域は、集中治療を受けている場合のみならず、集中治療から終末期医療へのギアチェンジを行う場合、治療の限界を迎え人生の終焉を迎えようとしている場合など、非常に専門領域の幅が広く、私自身も日々学びながらの活動になると思います。しかし、皆さんと協働しながら、治療に向き合っている患者さんの回復力と治療を支えるご家族の力をより高めることができればと思っています。そして治療の限界を迎えた患者さんが、過酷な治療環境においても、少しでもその人らしく生涯を完成させることができるようにと思っています。いつでも気軽にお声をかけて下さい。お待ちしています。

 

careerup_suzuki

鈴木 好

救急看護認定看護師

救急看護認定看護師は、患者さんの年齢、性別、疾患内容、外傷の種類、重症度を問うことなく、急病・怪我・災害など、急に身体の疾患または損傷を受けた患者さんを対象とすることを専門としております。そのような突発的に発症した急性症状を呈する患者さんに対して迅速な判断と的確な看護技術を提供させていただきたいとお思います。今後は呼吸ケアサポートチームとしても活動していく予定ですので。お気軽にお声をかけてください。

 

 

careerup_taneichi

種市 亜澄

がん化学療法看護認定看護師

安全かつ適切にがん化学療法を提供するとともに、化学療法を受ける患者・家族がセルフケア能力や化学療法中におこる問題へのマネジメント能力を高められるよう、活動を行っていきたいと思っています。化学療法に対して迷っている・不安がある、副作用のコントロールが難しい、血管外漏出なのか血管炎なのかの判断に迷う、化学療法薬の投与方法や投与順・投与時間に自信がない、末梢神経障害や皮膚障害に対し患者が自分でできることの指導方法が分からない、かつらはいつどこで用意するのか?抗がん剤の安全な取り扱いってどうすればいいのか?などなど・・・化学療法に関することで迷うことや相談などがありましたらご相談ください。

 

careerup_asakawa

浅川 健恵

認知症看護認定看護師・認知症ケア専門士

ご入院された認知症患者さんが少しでも安寧に入院生活が送れるように、以下①~⑤などをさせて頂いております。
①認知症看護の知識の普及
②認知機能の評価
③混乱・不安へのケア
④BPSD・せん妄の予防・早期改善
⑤家族サポート
認知症の方の笑顔を引き出し、一瞬でも「楽しい・嬉しい・幸せだ」と感じて頂けるような治療・療養環境を、皆で協力しながら作っていきたいと思っています。

 

careerup_oue

尾上 和子

糖尿病看護認定看護師

「血糖コントロールがうまくいかない」「病識がない」など糖尿病患者さんとのかかわりに困ったら是非ご相談ください。糖尿病と共に生きる患者様の支援方法を一緒に考えましょう。

 

careerup_araki

荒木 政枝

感染管理認定看護師

感染管理認定看護師は、患者、患者を取り巻く全ての人(家族、ケースワーカー、訪問看護師など)および医療従事者を感染から守ることが使命です。その為に現場リンクナースと共に、標準予防策を正しく理解し実践してもらえるように活動しています。活動内容としては、患者が感染症発症して、それらが他の患者へ伝播することや職員に伝播することを制御するために感染対策について現場にアドバイスを行っています。感染制御は、組織的に実践されなければなりません。そのために、現場に耳を傾け、実践可能な方法を一緒に考え、行うことが重要だと思います。できるだけ、多くの職員の声を聞いて実践に繋げたいと考えています。お気軽にお声かけください。

 

careerup_ozawa

小澤 公人

摂食・嚥下障害看護認定看護師

目指す看護「口から食べられるようになって、笑顔と幸せを取り戻す」
病気や老化は、ご飯をおいしく食べることや、飲み込むことが難しくなります。そして、肺炎や栄養不良となり、生命の危機にも陥ることがあります。また、口から食べられなくなると、人間としての尊厳がなくなってしまい、生活するうえでの意欲や楽しみもなくなってしまいます。点滴や管で栄養を補給するのは、食事と言える状態ではありません。摂食・嚥下障害看護は、このような患者様が口から食べる事で、人としての幸せを取り戻し、笑顔のある日常を取り戻せるように取り組んでいきます。私たちのモットーは「口から食べる幸せを守り、患者さんの持っている力を最大限に引き出して、幸せを取り戻す」事です。口から食べられなくて困っている皆さん、是非ご相談してください。

 

careerup_takahashi

高橋 真由子

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師

脳卒中に関わるすべての患者さんの看護を専門とする看護師です。主に①脳卒中患者の重篤化を予防するためのモニタリングとケア ②活動性維持・促進のための早期リハビリテーション ③急性期・回復期・維持期における生活再構築のための機能回復支援をしています。脳卒中は発症したその瞬間から回復のための戦いが始まります。日常生活の再獲得に向けた支援は、治療が最優先される急性期のベッドの上から始まります。その回復の予後を大きく左右するのは、看護の力といっても決して過言ではありません。病状を悪化させないケアと同時に座ること、食べること、排泄すること、他者と意思疎通を図ること、移動することなど、患者さんの日常生活動作を最大限に引き出せる支援を、急性期から看護の力で行っていきたいと思います。

 

careerup_shimizu

清水 けい子

皮膚・排泄ケア認定看護師

院内褥瘡だけでなく地域の相談や訪問もしています。褥瘡だけでなく創を治すこと、また創やstomaがあっても、楽しく過ごせる方法を。well being!!

 

careerup_matsuoka

松岡 みちる

緩和ケア認定看護師

あなたの悩み、つらさに寄り添います。
緩和ケア認定看護師とは、がん患者と家族の支援に関する専門的知識・技術の教育を受けた看護師のことを指します。
がんの痛みをはじめ心身の辛い症状の緩和をし、「その人らしさをとり戻し生きる」ことをサポートしています。現在の私の活動は緩和ケアチームの専従看護師として病棟の主治医や看護師と協力し、患者さんご家族への支援を行っています。またスタッフからの緩和ケアに関する相談や院内・地域の緩和ケアの意識・質の向上のために定期的に勉強会も行っています。緩和ケア認定看護師は、がんと伝えられたその時から療養に関してどの病期の患者さん、ご家族の相談にのることができますので、どうか独りで悩まず気軽にお声をかけてください。

PAGETOP

© Odawara Municipal Hospital Nursing Department