3階東病棟

ward3e_1400_700

病棟紹介

当病棟は、ICU4床と一般外科50床の2つのセクションを有する病棟です。ICUでは、内科系、外科系問わず大手術後や救命措置後など、特に集中的な治療・看護を必要とする患者さんが入室しています。生命の危機の時から、回復していく過程に関わる看護師は、専門的知識・技術を必要としますが、同時に大きなやり甲斐を持って看護しています。一般外科病棟は、手術を経る多くの患者さんに看護を提供しています。肝胆膵領域では、2015年7月より神奈川県で5施設ある内の日本肝胆膵外科学会A認定施設の一つになっており、たくさんの高難度手術も行っています。他職種と協力し、患者さんが順調な回復過程を経て、入院前の生活を取り戻せるよう支援しています。また、がん治療には不可欠な化学療法や、根治不能な患者さんに対しては緩和ケアチームと協力し、患者に寄り添う看護を提供しています。

戸村 師長からのメッセージ

私は「仕事は楽しく!入院は喜んで!自分の仕事に誇りを持つ!」をモットーに仕事をしています。当病棟はICUを併設していることもあり、院内で重症度・医療・看護必要度が最も高く、大変忙しい病棟ですが、「手術によって創傷及び疾患の治癒を目指し、患者が順調な回復過程をたどるよう支援することで、入院前の生活を取り戻し、患者のQOLを高めるよう支援する。合わせて、外科的治療後の終末期患者が、安楽により良い人生の終末を送れるよう支援すると共に、その家族の不安・苦悩を緩和する。」ことをミッションに掲げ、やりがいと誇りをもって仕事をしています。病棟のシンボルフラワーは“ひまわり”で、明るく優しいスタッフばかりです。是非一緒に、患者さんの心にひまわりの花を咲かせましょう。

mgr3E_900_1000

若手からのメッセージ

看護師2年目となり、少しずつ病状を理解でき、看護の楽しさが分かり始めてきました。初めて行うケア、不安な時には先輩看護師が声をかけてくれたり、常にフォローしてくれます。ICUは様々な科の患者さんが入室され、高度な医療を必要とする方が多い部署です。辛い事もありますが、患者さんの病状が落ち着き、表情よく病棟に退室されていく姿を見ると、私自身も元気を頂けます。

職員構成

3階病棟 医  師 8名
看護職員 師長※ 1名
主任 1名
看護師 24名
准看護師 1名
ナースメイト※ 4名
ICU 看護職員 主任 1名
看護師 13名

※看護師長、看護補助員、クラークはICUも兼任

治療概要

3階病棟 入院患者数 660名
平均在院日数 12.5日
手術件数 509件
主な疾患 胃癌、胃・十二指腸潰瘍、肝臓癌、胆管癌、胆石症、膵臓癌、大腸癌、虫垂炎、乳癌、ヘルニア
ICU 主な疾患 外科開腹手術(肝臓・膵臓・胆嚢・胃・食道疾患等)、開頭手術(脳動脈瘤・脳腫瘍等)、呼吸器疾患(肺がん・気胸・膿胸等)、整形外科(頚椎・腰椎手術後等)
PAGETOP

© Odawara Municipal Hospital Nursing Department