5階東病棟

ward5e_1400_700

病棟紹介

5階東病棟は泌尿器科、婦人科、腎臓内科、皮膚科、形成外科の患者さんが入院される混合病棟です。各科の検査や手術をはじめ、腎臓内科の透析導入、皮膚科・形成外科の熱傷、褥瘡、皮膚移植など、様々な治療の目的で日々多くの患者さんが入院しています。手術前後の全身管理はもちろん、退院に向けての生活指導、透析患者さんの導入期の支援など、退院後の生活をイメージしながら、患者さまやご家族それぞれに合った関わりを主治医、看護師、医療連携チームと共に取り組んでいます。

植松 師長からのメッセージ

様々な疾患・年齢層の患者さんが入院される環境の中で、それぞれの背景に沿った看護を目指し、“自分の家族だったら”という姿勢で各科医師や他職種のスタッフと日々連携を取り、スタッフ一同が「心ある看護」を提供しています。混合病棟で各科の治療も多種多様ですが、多くの疾患・治療に携わる緊張感をスタッフ一人ひとりが前向きに捉え、院内研修だけでなく院外研修を受講するなど、自身のスキルアップのために取り組む姿勢にはプロ意識を感じています。
当所属医師が21名と他部署に比べて多いのも特徴です。病棟主催のイベントでは各科の医師も多く参加し大いに盛り上がります。忙しい病棟での日常から離れ、世代を超えたスタッフたちが交流を持つことで5東病棟のチームワークが形成されていると言えます。

mgr5E_900_1000

若手からのメッセージ

この1年間、楽しいことばかりでなく辛いこともありました。しかし、5東の先輩や動機に支えられ乗り越えることができました。まだまだ未熟ですが、初心を忘れずに日々努力をしていき、患者さんに寄り添った看護をできるように2年目も頑張っていきます。

職員構成

医  師 21名
看護職員 師長 1名
主任 1名
看護師 27名
ナースメイト 3名

治療概要

入院患者数 1568名
平均在院日数 9.2日
手術件数 778件
主な疾患 泌尿器科 前立腺肥大症、前立腺腫瘍、膀胱癌、腎腫瘍、結石
婦人科 子宮筋腫、子宮癌、卵巣腫瘍、異形成、子宮脱、流産、妊娠糖尿病
腎臓内科 急性・慢性腎不全、ネフローゼ症候群
皮膚科 帯状疱疹、蜂窩織炎、褥瘡、皮膚腫瘍
形成外科 眼瞼下垂、顔面骨折、外傷
PAGETOP

© Odawara Municipal Hospital Nursing Department