7階西病棟

ward7w_1400_700

病棟紹介

当病棟は呼吸器内科、呼吸器外科、消化器内科の混合病棟です。呼吸器内科では肺炎、COPD、気管支喘息など慢性疾患から、肺癌のターミナル期の看護を、呼吸器外科では肺癌や気胸の術前、術後の管理を行っています。消化器内科では大腸ポリープや胃・十二指腸潰瘍、肝硬変、肝臓癌、膵臓癌などの看護に努めています。各科の医師と密に連携し薬剤師や緩和ケア認定看護師、理学療法士、ケースワーカーなどと共に、その患者にとって最もベストな状態に近づけるよう日々励んでいます。当院は三次救急を担っているため夜間の入院受け入れも多くあります。またターミナルの看取りもあります。チームとして緊急時や終末期など様々な場面が展開される病棟です。そのため多くの検査や処置を経験することができ、キャリアアップにつながると思います。

稲葉 師長からのメッセージ

呼吸器内科、呼吸器外科、消化器内科と様々な疾患の看護が要求される病棟です。そのため定期的に勉強会を開催し、知識の共有と向上に努めています。「患者の心に寄り添う」ことをモットーとしているため、スタッフ一同本当に丁寧に接することを心がけています。特にターミナル期の患者に対しては、患者自身はもちろん家族も含めた看護を意識しています。患者や家族から感謝の言葉をいただくたびに「更にがんばろう」と真摯に取り組んでいるスタッフの姿をよく見かけます。チームワークも良く後輩が「この病棟に配属されて良かった」と言うのも良く耳にします。この雰囲気を大切にし、患者、家族に信頼していただける看護を実践できるよう努力していきます。

mgr7W_900_1000

若手からのメッセージ

右も左もわからず、夢中で突っ走ってきたような気がします。少しずつ疾患の理解が進み、予測を踏まえながら行えるようになってきました。また、患者さんから「あなたで良かった」と言われた時の感激は忘れられません。やさしい先輩ばかりで、困ったことがあると、すぐに相談に乗ってくれます。先輩に甘えるだけでなく、自分で努力をして、もっと患者さんから信頼される看護師を目指していきます。

職員構成

医  師 10名
看護職員 師長 1名
主任 1名
看護師 27名
ナースメイト 3名

治療概要

  • 手術後管理、肺炎・COPDなど呼吸管理、肺癌・膵癌など全身状態管理
  • 消化管出血に対する内視鏡的治療および看護
PAGETOP

© Odawara Municipal Hospital Nursing Department